第15回「木楽展」(KIRAKU-TEN)

開催二日目、激しい風雨にもかかわらず多くの方がおみえになりました。
開催二日目、激しい風雨にもかかわらず多くの方がおみえになりました。

「木楽展(きらくてん)」が終わって

鎌倉芸術館ギャラリーで開催した趣味の木工作品展「木楽展」は、三日間の短い期間でしたが盛況のうちに6/16(日)に無事終了しました。

期間中なんと318名のご来場がありました。とくに二日目は激しい風雨にも係わらず百名近くの方がご来場。このホームページを見ている方も多く来て頂けました。中にはネットで知ったという小学校の同級生が来てくれ、60年ぶりの再会となりました。 ご近所の方々、学生時代の友達、音楽仲間、また偶然立ち寄ったという知らない方々も多くいらっしゃいました。この場を借りて皆様に深く感謝申し上げます。

今回は、新たに小生の実兄が仲間入りし三人展となったこともあり、今までに増して内容も豊かになったと思います。

動員に関して、以前は市内の掲示板など使って宣伝したこともありましたが、今回はネットとDMが中心。特にインターネットでは4サイトでのプロモート。ネットでの集客力を実感しました。

こんなことが出来るのも、家族や仲間の理解と協力があってのこと。皆さん、本当にありがとう。

終了後の三人の会話は、「疲れたな〜!」、「バテたなー!」。寄る年波には逆らえないですね。

ということで来年はお休みして、次回は2021年の予定です。

 

 


今回出展作品 (更新ごとに徐々に公開していきます)

稲生二平

大きなガーデンテーブル

素材:ウエスタンレッドシダー (WRC)

大きさ: W1800 D862 H700

 

稲生一平

一平作品コーナー

低いテーブル、低い椅子、時計、

額:書は一平、フレームは二平旧作

 

三宅健一

オーディオワゴンとスピーカー2本、アンプ、関節照明