稲生二平 イノオ ニヘイ(ニックネームNoppe

1946年、藤沢市生まれ

小さな頃からモノ作りが好きだった。三宅氏の誘いで2002年に平塚市美術館で開催された第二回「木軸展」へ参加したのがきっかけで本格的に木工の虜になる。家具、玩具などを中心に製作する一方、自宅では小屋やウッドデッキなどの大物も手がける。

三宅健一 ミヤケ ケンイチ

1945年、東京都生まれ。

木工作は、上手い下手は別として40年余り続いてきたのは驚きというほかありません。続けてられたのは木工が好きというのは勿論ですが、作るものがあったということでも一因なのです。毎回何を作るか考える、それが最も大切なことかも知れないと思う昨今です。

稲生一平 イノオ イッペイ

1942年、藤沢市生まれ

2019年より参加。日本の伝統工芸が好き、日本の手仕事が好き、その繊細さと美しさは、世界に類例のない日本の文化です。ある時は美しい作品を購入するお客として、ある時はアドバイザーとして、ある時は商品開発の提案者として、又ある時は展覧会のプロデューサーとして、日本の手仕事の危機を、二十数年にわたり訴え続けてきました。